小さな頃からの趣味である編み物は、今でも大好きです

私は小さい頃から編み物が好きで、冬休みの宿題はいつも毛糸で手袋やセーターを編んでいました。
昔は棒編みが中心でしたが、現在は鍵編みをするようになり、特に編みぐるみの製作をしています。
子供に評判がとてもよく、色んな動物を編むのが得意です。
以前は本を買って見本通りに作っていましたが、回数を重ねていくうちに、だんだんアレンジも出来るようになり、今ではオリジナルの形で編めるようにまでになりました。
子供も大きくなり、編みぐるみもあまり欲しがらなくなってしまいましたが、それでも、何か作るものが好きで、本屋に行くと手芸の本を手に取っています。
その中でも、今一番気になっているのが、レース編みです。
鍵編みの基本を理解していれば、すぐにコツをつかんで、ドンドン編めます。
時間があるときには、一日中編んでいる事もありました。
ただ、最近はなかなか編めない事情が出来て止まってます。
原因は猫。
それも2匹。
友人の頼みで飼うことになったのですが、なかなか自由に編ませてくれません。
レースのボールを見た瞬間に、遊び始め、糸はあっという間にぼろぼろになります。
こんな感じで、猫たちの目を盗んでするのも、密かに楽しんだりもしています。

愛知 改造車 買取

小説「妖怪アパートの幽雅な日常」にハマっています!

最近私は、はまっている小説があります。
それは「妖怪アパートの幽雅な日常」です。
著者は香月日輪さん、もう10年前に書かれた小説ですが、結構有名な小説なのではないでしょうか。
私も名前は知っていたのですが、実際に読んだことはありませんでした。
なのに、なぜ急に読むことになったのか。
それは、友達からのすすめです。
本の話になったときに「面白いから絶対読んでみて!」と強く勧められたのです。
「そこまで強く言われたら読まないわけにはいかないな…」
そんな気持ちで図書館で借りて読み始めたわけですが、読んでみると本当に面白い!
ストーリーは、両親を亡くした高校生の男の子が、幽霊や妖怪の住みつくアパートで暮らし始めたことで、すさんだ状態から自分らしさを取り戻し、成長していく…。
そんな物語です。
ストーリー自体は現実離れしていますが、文章が創造性に富んでおり、頭の中にその世界観をリアルに思い描くことができます。
また、登場人物1人1人の個性がハッキリしていて、どの人物も存在感がある。
それなのに、ガチャガチャした感じが無くきれいにまとめられているのです。
全10巻あるので、まだまだ先は長いですが、1巻1巻大切に文章をかみしめながら読んでいきたいと思います。
ワゴンR 値引き

転職をしてから興味がなくなったこと

私は30年近く公務員をしてきました。そしてずっと英語を、教えてきたのですが、わからないんです、と言って質問にやってきて、それに応えることを喜びとして感じていました。
しかし2年前に転職をしてしまいました。
もっともっと自分の実力を発揮したいという気持ちがあったからなんですが、これがなかなか難しいんです。
自分でいきなり塾を、開くのは自信がなかったので、いろんなところを、てんてんとしているような状況で、収入も月に15万くらいで、80になる親の年金で暮らしているような惨めな生活です。
そして今は、家庭教師と学習塾の講師をしているのですが、これは全て出来高制です。
人気がなければ、そしてミッションが遂行出来ない場合は仕事が来なくなります。
公務員の場合は、熱心にこたえても、そうでなくても給料は変わらなかったんですが、自分としては、誠実に熱心に対応していたと思います。
ですがやはり敵はいるもので、そういうような人気や最高に対して不愉快な思いをする人間はかならずいるものです。
それで職場にはすごくいづらくなってしまいました。
それも退職してしまった原因ですが、30年も務めたのでそれなりに退職金も良いだろうと考えて、さっさと去りたかったのが大きいてすね。

フィットボディ不具合修理

子どもの服や小物を手作りすることにハマっています。

産休を機に、ミシンを購入しました。
小学生のころ手芸が大好きで、手縫いのマスコットや編み物、ペーパーフラワーにハマっていました。
高校生の頃も時間があるときは手縫いのバックを作っていました。ミシンに憧れも抱いていました、自分のお小遣いで買うことができませんでした。
それから何十年後、まさかまた裁縫にハマるとは思いませんでした。
ミシンで産まれてくる我が子のために、小物づくりに挑戦しました。
手芸やさんには、よだれかけやガラガラの型紙が売っていたので、そこから挑戦しました。
自分の母も「よくもまあ作るね。」と褒めてくれたので、調子にのってどんどん作っていきました。
子どもが産まれる前に、帽子・スタイ・ベビードレス・おくるみ・ロンパースなどたくさん作りました。
実際産まれてから、自分がつくったものを着せるのが楽しかったです。赤ちゃんも初めは日中は寝てばかりだったので、おもちゃを作りました。
10ヶ月になってからは、サイズも合わなくなってきたので、ズボンを4着ほど仕上げました。慣れてくると一着30分でできました。
今は1歳の誕生日プレゼントにとリュックを作っています。自己満足の世界ですが、近所のおばちゃんや児童館のママさんにも褒められるのが嬉しいです。

車買取 交渉術

Eテレの「バリバラ」にはまってます

最近、Eテレでやっている「バリバラ」にはまってます。
バリバラとは番組HP曰く「障害者のための情報バラエティー」なのですが、字面から想像するような堅苦しい番組ではありません。笑えるし、障害についての知識もつくし、一石二鳥。
笑いを交えて、障害者と健常者の溝を埋めていこうというコンセプトなので、とにかく「楽しい」が第一にあるのが注目ポイントです。
私が最初に見たのは「show-1グランプリ」という障害者がコントやる企画(M-1グランプリのパロディ?)だったのですが、これがもう障害あるなし関係なく面白かったのです。
特に私がお気に入りなのは「あそどっぐ」さんという脊髄性筋萎縮症で寝たきりの芸人さん。顔と片方の親指しか動かせないのですが……この人の芸がキレッキレなんですよ。寝たきりという特性を生かした、「これ地上派で流してもいいのかな……」というスレスレのネタを剛速球でぶっ放してきます。
寝返りを打った姪っ子に「叔父を超えたな」という小ネタとか、「寝たきり学園」という全校生徒が寝たきりの学校を舞台にしたコントとか、あそどっぐさんの視点からしか思い浮かばないような(しかも、思い浮かんでも当事者以外では到底できないような)ネタがとても魅力的なのです。
もちろん笑える回だけではなく、笑いを挟みつつシリアスなテーマも扱う番組ではあるのですが……それでも、どこかにあそどっぐさんがちらっと映るのではないかな、と思ってついつい見てしまいます。
一部には人気の無いNHKではありますが、Eテレ「バリバラ」をはじめとして攻めの姿勢が感じられる番組が最近色々あって地味におすすめです。

犬 てんかん

接客ありき、近所のドラックストアはいい

近所のドラックストア、とても接客に力を入れています。
バイトさんが、不備だと、オーナー、店長っていうのでしょうか、ご自身が、頭を下げられます。

この辺の接客だと、私の場合、余計な事だとかあれはうるさいと、本当におばさんたちのコンビニと、若い人ではバイトでも差が出ると感じます。
例えば、ずっと言っていたセブンイレブンなんて、水商売の愛人に、オーナーがいってしまって、商品を売らないという事がありました。
クリスマスのケーキを、売らない事もありました。
人では、ここでもいいという場合もあるようですが、売らないまでいくと、既にコンビニではないので、私も、何年も前から行っていません。
おばさんを雇い、又余計んs事をしない接客って、本当に無駄なくていいです。
冷たいような人というのは、ある種、割り切りが、凄く強いので、うるさくなくて良いのです。

今日も漢方を買いましたが、やっぱり楽だなとこの年だと思います。

因みに、女性の方だと、手を触るのを嫌がる方がいて、それはそれぞれ、気にはなりませんが、どこでもレジに来てくれない人って、若い人が多い気がしますね。

接客は、適度に真面目にやると、やがて伸びていくと、この時代思います。

車買い替え 書類

読書は様々な価値観や生き方に出会える

最も身近な処世術かもしれない小学生の頃から読書は好きでした。けれど、中学高校と上がるにつれ、それは単なる楽しみではなく、一種の習慣の一部になっていました、最近始めたのは、ひたすら多くの本を読むということです。家には本が溢れ、最寄りの本屋で毎週のように本をどっさりと買っています。あるとき、私は目標を決めました。三日に一冊、本を読むようにしよう、と。私はそんなに読むことが早い人間ではないので、初めは必死で電車に揺られながら往復一時間半ほど、毎日本を読みました。しかし、何ヶ月か続けるうちに、だんだんと読むことが苦痛ではなくなり、息をするように本を読めるようになりました。本を読む一番の楽しみは、やはり別の世界へ行けるということです。自分とは違った土地や環境、時代に生きる人の想いに触れることで、私は現実から解放されるように感じます。けれど、それは決して、現実逃避で空想の世界に逃げ込んでいるという訳ではなく、その世界に触れられるおかげで、私は現実を楽しく生きていくことが出来ます。どんどん様々な価値観に触れ、新しい風を感じることの出来る読書、更に多読をするというのは、今の私がたくましく生きていく上で無くてはならない、大切な趣味になりつつあります。

ローン 車査定

飼っている猫の話。お婆ちゃんが大好きな猫。

我が家では現在猫を一匹飼っています。歳は10歳7ヶ月位になる雄猫です。
その猫が野良だった生後1ヶ月少しの頃、母が職場から家に連れて来ました。
その頃は先住猫として雌猫も一匹いた時で、雄猫は小さな頃からこの雌猫にべったりの甘えん坊でした。
しかし震災の翌年にその雌猫が亡くなってしまうと、いつの間にか今度はうちのお婆ちゃんにべったりと甘えるようになりました。
お婆ちゃんがおいでと言うとお腹の上に座ったり、一緒に布団の中で寝たりしています。普段ゴロゴロと喉を鳴らしたりしないのに鳴らしたりする事もあります。
お婆ちゃんが庭の草取りなどをしてる時はずっと側にいて見守っています。移動する度、金魚の糞のように付いていきます。時には遊びたいのか、背中に乗ったりする事もあります。
お婆ちゃんが家の中に戻ると安心するらしく、ようやく猫が外に遊びに行くのです。
他の家族には全然そういった事はしません。猫は特定の人にだけよく懐くと聞いた事がありますが、本当にそうみたいですね。
そういった贔屓するような事はまるで人間みたいだなぁと思ってしまいます。猫でもそうなら人間なら尚更派閥のようなものがある訳ですね。猫関係も人間関係もどこかにべったりするとこがあるようです。

車検 車査定

漫画アニメ、ゲームなどのイラストを描くのが好き

私の趣味は、アニメやゲーム、漫画などのイラストを描くことです。絵を描くことは、幼少時代から好きでした。幼少期は動物や果物、女の子の絵をよく描いていました。小学生になって、漫画を読むのにはまり漫画家に憧れました。実際、漫画を描いてみようと試してみたけれど、あまりの難しさに断念しました。中学生になって、美術部に入りました。美術部でも、絵を描くことができ楽しい時間を過ごしましたが…自分より上手な人達に囲まれ、自分は絵を描くことに向いていないんでないかと自信をなくしました。それでも、描きたい時にイラストを描くことは楽しく感じました。大人になって、イラストを描く頻度がなくなり、気付いたら漫画からも離れていました。ここ近年また、イラストを描く機会ができ、自分のイラストをSNSに投稿した所、周りの反響が良く驚いたのとイラストを描いたことでまた自分が描く楽しみ趣味を持つことができ、嬉しく感じました。最近では、娘のお友達にイラストを誕生日プレゼントとして渡し喜んでもらいました。身近な人でも、絵描くの上手だねと言われると励みになるしまたイラストをどんどん描く楽しみができました。
仕事としては、才能はないけれど趣味として、自分が好きなように楽しみながら絵を描くこと、そして描いたイラストが誰かに喜んでもらえるのであればこれからもイラストを描き続けて行きたいと思います。

走行距離 車査定

妊娠したかも?って感じたのは排卵直後でした

個人的な覚書です。今回妊娠した時は、かなり早いうちから「これは妊娠したかも?」と思う症状がありました。

まず、排卵が終わった頃からケンタッキーフライドチキンが食べたくて仕方がなかった… 私たちは海外在住なので、ケンタッキーは比較的安く手に入ります。日本って高いですもんね… 日本でなくて良かった!と思うほど、ケンタッキーのチキンが食べたかった。初めて思ったのは夜、翌日の朝食の準備をしていた時でした。いきなりケンタッキーのチキンが食べたくて仕方がなくなった時のことをよく覚えています(別にテレビや広告を見たわけでもないのに)。おかしいなぁと思いながら数日後、主人とマクドナルドに行き、チキンフィレオバーガーが美味しかったことといったら!この美味しさはこの世のものではないとさえ思いました。そして滅多に頼まないレギュラーのコカ・コーラもとっても美味しくて、主人から「…妊娠した?」と聞かれました。まだ排卵してから4日くらいしか経ってなかったし、まさかぁ、まだ早すぎる!と思っていたのですが、いやいや、妊娠してました!これが「いつもと何かが違う」と思ったきっかけ。だから、多くの人が「着床するまで、妊娠超初期症状が出るはずない」なんて言いますけれど、いや、出ますよ。私はありましたよ。排卵から2日くらいでケンタッキーが食べたくなり、4日後のマクドナルドが異様に美味しかった!これが私が「妊娠」を意識した最初の経験でした。

ローン 車査定