Eテレの「バリバラ」にはまってます

最近、Eテレでやっている「バリバラ」にはまってます。
バリバラとは番組HP曰く「障害者のための情報バラエティー」なのですが、字面から想像するような堅苦しい番組ではありません。笑えるし、障害についての知識もつくし、一石二鳥。
笑いを交えて、障害者と健常者の溝を埋めていこうというコンセプトなので、とにかく「楽しい」が第一にあるのが注目ポイントです。
私が最初に見たのは「show-1グランプリ」という障害者がコントやる企画(M-1グランプリのパロディ?)だったのですが、これがもう障害あるなし関係なく面白かったのです。
特に私がお気に入りなのは「あそどっぐ」さんという脊髄性筋萎縮症で寝たきりの芸人さん。顔と片方の親指しか動かせないのですが……この人の芸がキレッキレなんですよ。寝たきりという特性を生かした、「これ地上派で流してもいいのかな……」というスレスレのネタを剛速球でぶっ放してきます。
寝返りを打った姪っ子に「叔父を超えたな」という小ネタとか、「寝たきり学園」という全校生徒が寝たきりの学校を舞台にしたコントとか、あそどっぐさんの視点からしか思い浮かばないような(しかも、思い浮かんでも当事者以外では到底できないような)ネタがとても魅力的なのです。
もちろん笑える回だけではなく、笑いを挟みつつシリアスなテーマも扱う番組ではあるのですが……それでも、どこかにあそどっぐさんがちらっと映るのではないかな、と思ってついつい見てしまいます。
一部には人気の無いNHKではありますが、Eテレ「バリバラ」をはじめとして攻めの姿勢が感じられる番組が最近色々あって地味におすすめです。

犬 てんかん

接客ありき、近所のドラックストアはいい

近所のドラックストア、とても接客に力を入れています。
バイトさんが、不備だと、オーナー、店長っていうのでしょうか、ご自身が、頭を下げられます。

この辺の接客だと、私の場合、余計な事だとかあれはうるさいと、本当におばさんたちのコンビニと、若い人ではバイトでも差が出ると感じます。
例えば、ずっと言っていたセブンイレブンなんて、水商売の愛人に、オーナーがいってしまって、商品を売らないという事がありました。
クリスマスのケーキを、売らない事もありました。
人では、ここでもいいという場合もあるようですが、売らないまでいくと、既にコンビニではないので、私も、何年も前から行っていません。
おばさんを雇い、又余計んs事をしない接客って、本当に無駄なくていいです。
冷たいような人というのは、ある種、割り切りが、凄く強いので、うるさくなくて良いのです。

今日も漢方を買いましたが、やっぱり楽だなとこの年だと思います。

因みに、女性の方だと、手を触るのを嫌がる方がいて、それはそれぞれ、気にはなりませんが、どこでもレジに来てくれない人って、若い人が多い気がしますね。

接客は、適度に真面目にやると、やがて伸びていくと、この時代思います。

車買い替え 書類

妊活とカフェインの関係を紹介します

妊活中は、「タバコはやめましょう、お酒は控えましょう、カフェインもよくないです」この3つがよく言われています。確かにタバコは有害物質がいっぱい入っているし、お酒も体に良くないのがわかります。ではなぜ、カフェインも妊活にはダメなのでしょう??カフェインの妊活への影響を紹介します。

カフェインの1番お馴染みの効果は、覚醒作用です。眠くなったらコーヒーを飲んで、すっきりさせたり、受験勉強をしたりしますよね。眠くならなくなる作用のことを言います。次に鎮痛作用です。頭痛薬の成分に、カフェインが含まれることがあります。次に強心作用です。心臓の働きを活発にさせ、血圧や心拍数が上がります。これはあまり知られていない効果かもしれないですね。最後に、利尿作用です。体の余分な水分をおしっことして出す効果があります。これらの効果を見てみると、体に悪くなさそう??な気もしますよね。

では、なぜ妊活にカフェインがダメなのでしょう?それは、カフェインが体を冷やす効果があるからなのです。カフェインといえばコーヒーですが、ホットコーヒーのような温かいものでも、カフェインの効果で体が冷えてしまいます。冷えは妊活の大敵です。血行が悪くなることにより、子宮の機能が低下してしまいます。また、カフェインは摂取した鉄やカルシウムを尿にして排出してしまうのです。妊活中でなくても、女性は生理があるので、貧血体質の方はカフェインをとらない方が良いでしょう。

それから実は、カフェインが含まれているのはコーヒーだけではありません。緑茶、紅茶、烏龍茶、ココア、コーラ、栄養ドリンクなど、さまざまなものに含まれています。今は、デカフェというというカフェインレスの飲み物もあるので、妊活中の方はそちらを飲んでみてはいかがでしょう?ルイボスティーもノンカフェインで妊活にぴったりですよ。

ベジママとベルタ、どっちがいいの?!葉酸サプリ徹底比較

ニキビケアをするなら知っておきたい正しい洗顔方法

ニキビケアでは、スキンケアの基本となる洗顔方法が重要となります。
洗顔の回数は朝と夜の1日2回で十分で、皮脂の分泌が気になったり清潔に保ちたいからと1日に何度も顔を洗ってしまうと、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
肌の乾燥が進むと、肌を守ろうと皮脂が分泌量を増やしてしまい、毛穴への皮脂詰まりの原因となるので注意しましょう。
皮脂の多さが気になる場合、洗顔回数を増やすのではなく保湿ケアで肌の乾燥を防ぐのが大切です。

ニキビケアに効果的な洗顔料の選び方としては、低刺激で泡立ちが良いものがおすすめです。
手や指で直接肌に触れてしまうと、刺激を与えて肌に負担をかけてしまいます。
洗顔料をしっかりと泡立てて、優しく顔をマッサージするよう洗いましょう。
泡が手と顔の間のクッションの役割を果たしてくれます。
手で肌を擦らなくても、細かい泡が皮脂や汚れを吸着するので力を入れる必要はありません。
泡立てる時間を短縮したり、細かい泡を作りたい時は泡立ちネットを使用すれば細かい泡をたっぷり作ることができ、洗顔料の節約にもなります。

洗顔の順番としては、皮脂の分泌が多く皮膚の厚い場所から、皮膚が薄く刺激に弱い場所にかけて洗っていきます。
最初は額や鼻、頬やあごを洗い、最後に肌の薄い目の周辺などを洗いましょう。
泡に汚れが吸着したら、あとは水かぬるま湯で素早く洗い流します。
ぬるま湯を使う場合、温度が高いお湯を使用すると皮脂が過剰に流れてしまうので、あまり熱いお湯を使うのは避けましょう。
泡をきれいに洗い流したら、吸水性の良い清潔なタオルを使って顔の水分を拭き取ります。
タオルで擦ってしまうと肌を傷つけニキビに刺激を与えることになるので、肌に軽く押し当てるようにして水分を吸い取らせます。

最後にニキビケアに適した化粧水や乳液、保湿クリームや美容液を使って保湿を行います。
こちらも低刺激なものを選びニキビに余計な刺激を加えないようにしましょう。

背中ニキビを治す方法に最も効果的なのは?