沼津旅行

友達と日帰り沼津港の旅に行ってきました 目的は沼津港に店を構えるベアードビールというビール工房でおいしい地ビールを堪能することただ一つ。

行きは渋谷から高速バス、数年前草津行のバスに乗り遅れた苦い記憶からバスには絶対に乗り遅れないと決めて前日眠りについた。

7:00 早起きして渋谷に向かっていると集合時間を1時間勘違いしていたことが発覚。しかし早いほうに勘違いしていたのでセーフ むしろ優雅にコーヒータイムを満喫 幸先の良いスタートだ。
全員バスに間に合い(当たり前)一路、沼津港へ。

11:30 沼津港のバス停に着くと愕然、ベアードビールに掲げられたCLOSEの看板 なぜ営業時間を調べておかなかったのかという自問自答を繰り返しながら、まずは海鮮丼を食べて12時から営業開始の可能性に運命を掛ける。
物事はそううまくは運ばない。結局12時になっても店は開かず、どうやら17時オープンのようだ
我々は5時間という時間を前にして途方に暮れる。
この間の記憶ゼロ
16:30 とうとう開店30分前になって夕焼けがきれいだ。港の水門がライトアップされて予想外に幻想的だ
水門の展望台に登ってみると雲が晴れて富士山がきれいだ
我々は懐からウコンの力SUPERをおもむろに取り出し、富士を背に一気に飲み干す。これからビールを浴びるように飲むのだ
そしてベアードビールの前で10分前から寒風の中開店待ち

17時になって店が開いた。カウンターにずらりと並んだ15種類のサーバー、外国人のバーテン、BGMはDerek&The DominosのKey To The Highway。5時間待ったビール、最高だ。
この間の記憶ゼロ

18:30 帰りのバスの時間が迫っている。最後にスルガベイインペリアルIPAを1パイント注文した クイッと3人で回し飲みしてサクッと帰る算段だ。
だがその思惑はもろくも崩れ去った。とんでもなくヘヴィなビールだ。度数も高い。当然バスの時間までには飲み干せず、3人は最終バスをみすみす見送ることになる。数年前と同じ、バスに乗り遅れるという失敗 結局新幹線で帰宅。

美容 エステ 脱毛 美白

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です