まだまだ続く花粉症

みなさんは花粉症悩み派ですか?それとも無縁派ですか?花粉症って無縁派であってもある年齢になって突然症状が出てくることもあるので油断ができないですね。それまでは「花粉症って自分とは関係ないって思ってたけど、今は周りの人より重症だよ・・・」という友人がいます。花粉症って、バケツの中の水に例えられるようですね。満タンになるまでは症状がないけど、満タンになると一気に症状が出るとか。今症状がない方でも油断は禁物ですよ。悩ましい病気ですよね。

ちなみに私は若いころから重症患者です。1月末から始まってゴールデンウィーク明けまで、結構長く付き合わなくてはいけません。花粉症になってから、春の暖かさや別れと出会いといったこの時期特有の情緒的なイベントについては、余り感動や楽しみを持つことができなくなりました。寂しいものです。

またこの時期の花粉症はスギとヒノキの2種類があるのですが、私は両方に罹患しています。スギは初期、ヒノキは4月に入った頃から症状が出ます。この2つの花粉症、症状が違うのですよ。スギは鋭い感じ。ヒノキはニブイ感じ・・・。といっても花粉症じゃない方は分からないでしょうね。

とにかく花粉症の抜本的な治療法の確立を望むのみです。切に願います。国もこの方策に是非たくさんの予算をつけてほしいものです。それまでは予防策を含め、楽になる方法を駆使して耐え忍びます。わかめペプチド粒タイプ お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です