貧血予防のためにやっていること

「最近、月経時の出血量が多いな」と感じて産婦人科を受診したところ、わりと大きな子宮筋腫が見つかりました。

子宮筋腫があると、生理の時に血の塊が出やすくなり、出血量が多くなるので貧血にもなりやすいとのことでした。

病院で血液検査をしてもらったところ、やはり、正常値よりもはるかに少ないヘモグラビンの値でした。

改善のためには鉄剤の服用が良いのですが、胃腸が弱い私にはこの薬が合いませんでした。

飲んでいると胃が痛くなることが多かったのです。

そこで自分なりの貧血対策を行うことにしました。

まずは、朝食時に乾燥したプルーンを一粒食べます。

プルーンには鉄分が多く含まれており、貧血予防に最適なのです。

また、週に一度は牛や豚のレバーを食べることにしました。

内臓系の肉は苦手だったのですが、鉄剤のように胃が痛くなることはないので味付けを工夫して食べるようにしたのです。

すると、2週間ほどたったころには体が元気になっているのを感じました。

長時間立っていてもフラフラすることもなくなったし、何より朝の目覚めが良くなったのです。

今まで感じていた体の疲れは日々の子育ての疲れではなく貧血からきたものでした。

原因がわかり改善することができて今は元気な毎日を過ごせるようになりました。

ナイトアイボーテ メルカリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です