こどもたちと一緒に発展するもの作りをしよう

私のこどもたちは、長男が8才、長女が3才です。

息子も娘も私も、工作が好きです。私の今ハマっている趣味は、ずばり「こどもと一緒に何かを作ること」。日々、なんでも挑戦してみようという意欲を持ちながら、何かしら作れるものはないかしらと探しつつ、楽しい毎日を送っています。

プラスチック板とマジックだけでは、仕上がりが微妙なプラ板も、ネットを使い、紙ヤスリでプラスチック板を削ると色鉛筆で着色が可能になることなどを調べて、やります。するとマジックを服につけてしまうのでは?という不安もストレスもなくなり、こどもたちとプラ板作りを楽しむことができるようになりました。こどもたちはたくさんのお菓子の絵を描き、プラ板でお菓子やさんごっこをはじめます。

クルミボタン作りでも、ただ布を包むのではなくレースを巻き込んだり、出来上がったクルミボタンにスワロフスキーを張り付けたり、リボンを縫い付けます。そうやって出来たものを娘の髪留めにつかったり、息子のキーホルダーに加工するのです。ただ作るだけで終わりではないもの作りは、こどもたちの目を輝かせます。次はこれが何に変身するんだろう、何に変身させればいいかな、そんな想像力に発展していくようです。

私たち親子は何というわけではなく、そんな「もの作り」が好きです。これからもきっとささやかでも発展していく「もの作り」を続けていくことでしょう。

マイナチュレシャンプー 評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です